MENU

閉じる

トップ > くらしの便利帳 > 国保・年金・介護 > 大衡村/国民健康保険及び後期高齢者医療の一部負担金の免除について

国民健康保険及び後期高齢者医療の一部負担金の免除について

 令和元年台風19号により被害を受けた方で、国民健康保険及び後期高齢者医療保険に加入している方の、医療機関の一部負担金の免除及び保険税(料)が減免されます。

対象となる基準

 災害救助法の適用市町村の住民の方で、適用市町村の国民健康保険・介護保険、適用都県の後期高齢者、協会けんぽ(以下の「対象保険者」に記載の保険者)に加入している場合、次の①~⑤のいずれに該当する方は、医療機関、介護サービス事業書等の窓口でその旨を申告することで、医療保険の窓口負担や介護保険の利用料について支払が不要となります。

① 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
※ り災証明書の提示は必要ありませんので、窓口で口頭で申告してください。
② 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
③ 主たる生計維持者の行方が不明である方
④ 主たる生計維持者が業務の廃止、又は休止された方
⑤ 主たる生計維持者が失職し、現在収入のない方


詳しくはこちらのファイルをクリックしてください。

一部負担金の免除期間・内容

令和元年10月12日から令和2年1月31日までの診療、調剤及び訪問看護
(入院時の食事療養費及び入院時生活療養費の自己負担分は免除されません。)

国民健康保険税の減免

国民健康保険税の減免については、こちらのページをクリックしてください。

後期高齢者医療保険料の減免

後期高齢者医療の保険料を住家の損害の程度等により、災害発生日以降に納期限のある令和元年度保険料の全額又は2分の1を減免します。
詳しくはこちらをクリックしてください。

後期高齢者医療制度に関する保険料の減免及び一部負担金免除証明書のご案内

損害の程度等 減免割合
全壊、生計維持者の死亡等
全額
半壊・大規模半壊・床上浸水
2分の1

※ご不明な点があればお問い合わせください。

◆お問い合わせ先
 大衡村住民生活課  
 電話:022-341-8512
 FAX:022-345-4853